復刻 青木時報 全3巻(戦前・戦中・戦後)
585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb 585221ed100315363a002fcb

復刻 青木時報 全3巻(戦前・戦中・戦後)

残り3点

¥28,500 税込

送料についてはこちら

発行:一草舎 解説:小平千文(上田小県近現代史研究会会長) B4判 スリーブ付き 限定480部 2009年初刷 -- 【「青木時報」とは】 1921(大正10)年5月から1931(昭和36)年まで戦時中を除き329巻が刊行された青木村の村民新聞です。大正デモクラシーの最盛期に初代編集長を自由律俳人の栗林一石がつとめ、政府の政策などに対して過激な論文を多数掲載したことで知られます。 農業、日常生活、慶弔に関わるおしらせから、村の歴史・伝説の紹介、はたまた村の青年たちの人生相談まで、掲載内容は多岐にわたり、青木村の連携と文化形成に大きな役割を果たしてきた媒体です。 --- 1982(昭和57)年に縮刷版としてA4判1600頁の復刻版が刊行されましたが、青木村誕生120年記念の際に戦前・戦中・戦後の3分冊版で再復刻されました。B4判の大きなサイズで、文字や図もはっきりと見やくなっています。