蚕都上田ものがたり−蚕種業を中心として
58a6a583c3b8df7b1c000523

蚕都上田ものがたり−蚕種業を中心として

残り1点

¥540 税込

送料についてはこちら

上田小県近現代史研究会ブックレット No.15 上田小県近現代史研究会 2008年 初版 123ページ/B6判 ソフトカバー -- ◆蚕糸王国 上田の今昔がわかる 藤本蚕種合名会社(上田市上塩尻・藤本工業株式会社)の史料をもとに調査、編集された今号。20世紀前半上田が全国でも有数の蚕糸の里となったルーツに始まり、長野大学地域連携センター主催で2007年にスタートした地域活性プログラム「蚕都上田プロジェクト」の活動報告まで、上田の蚕糸業の過去と現在を結ぶ貴重な資料。 ▼掲載内容 1.蚕糸業とはどういう産業だったのでしょうか  ⑴蚕糸業とは蚕種・養蚕・製糸をまとめてよぶ産業です  ⑵外貨獲得のトップ産業でした  ⑶当時はハイテク産業でした 2.長野県はなぜ「蚕糸王国」になれたのでしょうか?  ⑴長野県は本当に「蚕糸王国」であったのでしょうか?  ⑵長野県はどうして「蚕糸王国」になれたのでしょうか? 3.上田はなぜ「蚕都」になれたのでしょうか?  ⑴江戸時代から蚕種業の本場になった塩尻村  ⑵爆発的人気品種「青白種」誕生と上田の繁栄  ⑶「そのお金どこへ行ったの?」ものがたり  ⑷繁栄の背景にあったこと  ⑸明治末期から大正・昭和初期にかけての繁栄  ⑹上田は何で「蚕都」と言えるのでしょうか? 4.蚕都上田は今  ⑴「シルクサミット2007 in 蚕都上田」を開催  ⑵「蚕都上田プロジェクト」の始動  ⑶上田の蚕糸業に関するイギリス公使館員の報告  ⑷「藤本蚕種歴史館」(仮称)設立の動き